FC2ブログ

PROFILE

Tenmataisen

Author:Tenmataisen
tenmataisen@gmail.com


NEWS

ARCHIVES

CATEGORY

FX テクニカルトレード

COMMENT

TRACKBACK

Total visiter

FX sign


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


各種指標・日経チャート

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆★☆ ブログの応援をどうぞ!よろしくお願いします⇒⇒⇒ FC2ブログランキング
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

マージンコールと強制決済について
[20070329]
証拠金取引は、取引を維持するために一定水準以上の証拠金が口座に入っていることが条件になっているので、為替の変動によって含み損が増えた場合には、証拠金が不足することになります。

現状のポジションを継続したいならば、追加の証拠金を口座に入金する必要があります。だいたい、維持証拠金率が50%を下回ると「マージンコール」が発生します。

マージンコールとは、警告通知のアラーム機能のことです。具体的にはメール等により、証拠金の金額が不足しているので、追加の証拠金を入れてくださいとの、連絡が来ます。

そして、維持証拠金が20%を割ったら強制的にポジションを整理されてしまいます。(ストップロス制度)含み損をそれ以上大きくさせないために、損失を限定してくれる機能が強制決済です。

この機能のおかげで、口座にある金額以上に損失がふえることはまずありません。口座に50万入金していれば、全てのポジションが証拠金不足で強制決済されても、だいたい20%ぐらいの資金は残ります。

例えば、10万円の証拠金で1ドル100円のレートで1万ドル買うとします(レバレッジ10倍)、為替が円高に振れて95になれば、この時点で維持証拠金率が50%になり、マージンコールが発生します。

もし、さらに円高に振れて1ドル92円になれば、維持証拠金率が20%になるので強制決済されてしまいます。10万円の資金はゼロになってしまうのでしょうか?

20%前後の証拠金は手元に残ります。つまり、10万円の20%である2万円はのこります。強制決済は投資家を守るためにあるということです
スポンサーサイト


☆★☆ ブログの応援をどうぞ!よろしくお願いします⇒⇒⇒ FC2ブログランキング
2007-03-29(Thu) 18:45 FXsign | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HOME

copyright © 2007 Tenmataisen all rights reserved.
Template By innerlife02
SEARCH

FX テクニカルトレード


RSS FEED

LINK

Link this Site !!!
このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。